top of page

夜だけのシークレットガーデン!昼間には見せないいちごの育成物語

皆様、こんにちは!今日は、当ファームパークのビニールハウスで起こっている小さな奇跡についてお話ししようと思います。外はどんよりとした曇り空、時折雨粒が窓を叩く冬の日も、私たちのいちごたちは日々元気に育っています。それもこれも、見えないヒーロー「電照」のおかげなんです!


「電照」とは、太陽が恥ずかしがり屋を演じている時に代わりにスポットライトを当てる技術のこと。いちごたちにとっては、まるで春が訪れたかのように、光合成をバリバリと行い、葉を広げ、美味しさをぎゅっと凝縮してくれるんです​​​​。


想像してみてください、幾千のLEDがキラキラといちごたちを照らし出す様子を。まるで夜空の星のような、幻想的な世界が広がっているんです。

そして、この電照栽培のおかげで、いちごたちはどんな天候の日でも平等に愛され、一粒一粒が太陽の恵みをいっぱいに浴びています。だからこそ、いちご狩りで収穫されるいちごは、どれもこれもジューシーで甘いんですよ。不思議ですよね、太陽光だけじゃないのに。


さあ、あなたもこの素敵ないちごたちを収穫しに来ませんか?日照不足で憂鬱な日々を送ることはありません。いちごたちはいつでも、あなたの訪問を心待ちにしています!


2024年2月22日撮影:好旬ファームパークの夜のいちごハウスの様子

Commentaires


bottom of page